蜂の子で不眠症状を改善

蜂の子には質の良い睡眠を促す効果があり、不眠症状の予防・改善に役立ちます。
蜂の子には、「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンの生成に必要な成分が含まれています。また、蜂の子には睡眠の改善に役立つ健康効果があるほか、安眠効果のある成分も含まれています。
不眠症状を改善したい人には、蜂の子がおすすめです。

蜂の子は「睡眠ホルモン」の生成を補助する

蜂の子には、「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンの生成を補助する効果があります。

メラトニンは睡眠を促すホルモン

メラトニンは、脳や神経で機能するホルモンです。メラトニンには体内時計と睡眠のリズムを調整する作用があり、自然な睡眠を促します。
メラトニンは子供時代に最も多く分泌され、その後は徐々に分泌量が低下します。歳をとると眠りが浅くなるのは、メラトニンの分泌量が減少するためです。

蜂の子はメラトニンの生成を促進する

蜂の子には、メラトニンの材料となるアミノ酸のトリプトファンや、メラトニンの生成に必要な鉄・マグネシウム・ナイアシン・ビタミンB6が含まれています。
蜂の子はこれらの成分を身体に補い、メラトニンの生成を促進して睡眠の質を高めます。

不眠症状の改善に役立つ蜂の子の効果

蜂の子には、不眠症状の改善に役立つ健康効果があります。

血行促進

身体の血行と睡眠は深く関係しています。
人間の身体は、就寝時に手足の血行を促進して体内の熱を放出します。そうした体温調節によって深部体温が下がることで、自然な眠りが訪れます。
冷え性などで血行が悪化していると、就寝時の体温調節がうまくいかず、寝つきや睡眠の質が悪くなります。

蜂の子には、血管を拡張する成分や血液をサラサラにする成分が豊富に含まれています。
蜂の子には血行を促進する高い効果があり、就寝時の体温調節を補助して自然な睡眠を促します。

蜂の子の血行促進効果について詳しくはこちら>>

ストレス軽減

不眠症状の最も多い原因はストレスです。ストレスは、身体の機能を調整している自律神経のバランスを乱して睡眠を阻害します。
不眠症状を改善するためには、ストレスを軽減してなるべくリラックスすることが大切です。

蜂の子には、ストレス対処に重要なホルモンの分泌を促進する作用があり、ストレスに対する身体の抵抗力を高めます。蜂の子のストレス軽減効果は、実験でも確認されています。
蜂の子は、ストレスを軽減して不眠症状の予防・改善に役立ちます。

蜂の子のストレス軽減効果について詳しくはこちら>>

蜂の子には安眠効果のある成分が含まれている

蜂の子には、安眠効果のあるアミノ酸のグリシンとセリンが含まれています。

グリシンとセリンに高い安眠効果があることが、実験で確認されています。
これらのアミノ酸を就寝前に摂取させたところ、寝つきや睡眠の途中で起きる回数、睡眠の満足度といった睡眠の質が改善したという複数の実験報告があります。
蜂の子は安眠効果のある成分を身体に補い、不眠症状を改善します。

蜂の子は続けることが大切

以上のように、蜂の子には睡眠の質を高める効果があり、不眠症状の改善にとても効果的です。
ただし、蜂の子には睡眠薬のような即効性はありません。蜂の子は、眠りにくい体質を徐々に改善することで自然な睡眠を促します。蜂の子の効果を十分に得るためには、長期間摂取を継続することが大切です。

寝つきが悪い人や眠りが浅い人は、毎日の生活に蜂の子を取り入れてみることをおすすめします。