蜂の子のストレス軽減効果

蜂の子には、ストレスを軽減する効果があります。
蜂の子には、ストレス対処に必要なホルモンの分泌を促進する効果や、ストレス解消に重要な睡眠の質を高める効果があります。また、ストレス軽減に役立つ成分が豊富に含まれています。

ストレス軽減に役立つ蜂の子の効果

ストレス対処に必要なホルモンの分泌を促進する

蜂の子には、ストレスに対抗するために必要なホルモンの分泌を促進する効果があり、ストレスに対する身体の抵抗力を高めます。

セロトニン

セロトニンは、ストレス対処に欠かせないホルモンです。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、精神を安定させる作用があります。
セロトニンが不足すると、ストレスに対する抵抗力が弱まり、うつ病などの心の病気の原因になります。

蜂の子には、セロトニンの材料であるトリプトファンや、セロトニンの生成に必要な鉄・ナイアシン・ビタミンB6が含まれています。
蜂の子はこれらの成分を身体に補い、セロトニンの生成を促進してストレスに対する抵抗力を高めます。

ドーパミンとノルアドレナリン

ストレス対処に重要なホルモンに、ドーパミンとノルアドレナリンがあります。
ドーパミンは「快」の感情や意欲に関わるホルモンで、ノルアドレナリンには集中力や積極性を高める作用があります。

蜂の子には、これらのホルモンの材料であるフェニルアラニンや、これらの生成に必要な鉄・銅・ナイアシン・ビタミンB6・ビタミンCが含まれています。
蜂の子は、ドーパミンとノルアドレナリンの生成を促進してストレス軽減に役立ちます。

睡眠の質を高める

ストレスを解消するためには、十分な睡眠をとることが重要です。
蜂の子には、グリシンやセリンといった安眠効果のあるアミノ酸が含まれています。また、蜂の子には血行を促進する効果があり、血行不良が原因で起こる不眠症状を予防・改善します。
蜂の子には睡眠の質を高める効果があり、ストレス解消に役立ちます。

蜂の子の睡眠の質を高める効果について詳しくはこちら>>

ストレスに対する抵抗力を高める成分が含まれている

蜂の子には、ストレス軽減に役立つ成分が豊富に含まれています。

ビタミンB群

ビタミンB群は、神経の正常な機能に欠かせない成分であり、ストレス対処に不可欠です。
特にビタミンB1やナイアシンが不足すると、精神不安やイライラの原因になります。

ビタミンC

ビタミンCは、ストレス時に分泌される副腎皮質ホルモンの生成に必要な成分です。ビタミンCが不足すると、ストレス対処に必要なホルモンの分泌が滞り、ストレスに対する抵抗力が弱まります。

カルシウムとマグネシウム

カルシウムは、ストレスを軽減するミネラルとして知られています。カルシウムには神経の過剰な興奮を抑制する作用があり、ストレスを軽減します。
また、マグネシウムにも神経の興奮を抑える作用があります。

蜂の子はこれらの成分を身体に補い、ストレスに対する身体の抵抗力を高めます。

蜂の子のストレス軽減効果が研究で確認されている

蜂の子のストレス軽減効果は、大学の研究でも確認されています。
岐阜大学の研究において、蜂の子を1日720mg、12週間摂取させたところ、ストレスの指標となるホルモンの血中量が減少したことが報告されています。

以上のように、蜂の子にはストレスを軽減する高い効果があります。
ストレスを解消して心身を健康に保ちたい人は、蜂の子を毎日の生活に取り入れてみることをおすすめします。